長い間夫婦で一緒にいると他人にはわからない夫婦間の問題が発生したりするものです。 特に異性関係の問題に関しては、現在進行中で悩んでいる方は非常に多いのではないかと思います。 旦那さんが外で異性と遊んでるとか、専業主婦であるはずの妻に男の影があるという昔では考えることができなかった妻の浮気問題なども浮上しています。 恋愛やお見合いなど様々な経緯で結婚をして、一度は神様や家族、親戚の前で愛を誓い合った二人がなぜパートナーとは違う異性に目が行ってしまうのでしょうか。

旦那さんや奥さんが浮気をしたくなる気持ちとはいったいどのようなものか、実際に浮気をしてしまったという奥さんの話をまとめてみました。 奥さんの旦那さんはいわゆる仕事人間で家のことに関しては一切口を出さない人だそうです。 子供が幼稚園などで問題を起こしても、夜中に熱を出しても旦那さんは本当に何も手伝わないで、奥さん一人で子育てと家事を担っていました。 そんな状況ですので、旦那さんに対して何も愛情を感じることがなくなり、奥さんも一人寂しくなってしまいました。

そんな矢先に街中で偶然学生時代付き合っていた元彼と再会して、あれよこれよと言う間に一気に二人の間に男女の関係が復活しました。 奥さん曰く本当に寂しかったし自分の気持ちと話を聞いてくれて慰めてくれる元彼がいたからすり寄ってしまったというのです。 もちろん反省など一切しておらず、旦那さんの目を盗んで逢瀬を楽しんでいます。 そして旦那さんがほかの女性に目が行くのも、やはり肉体的かつ精神的な寂しさから来るものです。
特に出産から2年以内に浮気に走ってしまう傾向が高いです。 奥さんはどうしても生まれたばかりの赤ちゃんの世話で追われてしまうので、体力的にくたくたになってしまいます。 旦那さんの夜の相手をしたくてもできないというのが現状で、誘いを断ってしまい、寂しさを感じた旦那さんは、奥さんに内緒で外で異性を求めてしまうのです。 この場合は気持ちではなく肉体的に寂しさを感じるからつい外で求めてしまったということが多く、奥さんと再び夜の生活を取り戻すことができると、浮気は段々減少していきます。 奥さんの浮気は気持ちが大きな割合を占めて、旦那さんの浮気は肉体的な欲求が多くを占めていることがわかりますので、お互いに浮気しないためにもパートナーの気持ちと夜の生活に愛をもって応じないといけないことが良くわかります。 お互いがお互いを常に思いやり、心を通わせていれば浮気はなくなるものなのかもしれません。

しかし、今現在パートナーの行動が少しでもおかしいと感じる方は、悩んでいる間に修復不可能のところまで遠ざかってしまうかもしれません。 そこまで行ってしまうとどんなにやり直したくても無理なことが多いです。
ここで大切なのは少しでも怪しいと感じたら浮気調査をしようということです。 浮気調査というと離婚の際に有利に話を進める為のものと思われがちですが、決してそれだけではありません。 病気も夫婦関係も早期発見早期治療が大切なのです。 もし、離婚を考えているのであればわざわざお金をかけて調査をする必要もないという考えもまた一つなのではないでしょうか。